バイナリーオプション(BO)

Highlow.comを利用する際の注意点や禁止行為について

Highlow.comは日本人トレーダーも多く利用している海外のバイナリーオプション業者です。

最大ペイアウト率2.3倍は業界でもトップクラスの数値で、さらに新規口座開設者に対しては5,000円のキャッシュバック(取引後)をおこなうキャンペーンも実施しています。

そんな魅力的なHighlow.comですが、利用する際には注意点や禁止行為というものも知っておかなければいけません。

そこで、今回はHighlow.comで禁止されている取引内容などについてご紹介していきたいと思います。

ぜひこれから口座開設をおこなうという方は参考にしていってください。

Highlow.comの口座開設前に知っておきたい注意点や禁止行為について

Highlow.comは元々「ハイローオーストラリア」という名前でも知られている海外のバイナリーオプション業者です。

日本人利用者数が多いので、安心して口座開設が出来るというのもおすすめする理由となっています。

そんなHighlow.comですが、もちろん利用する上でいくつか注意事項というものがありますので、あらかじめ確認をしておきましょう。

レートの遅延やフロントランニングを狙った取引

業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合

クレジットカードの乱用が認められた場合

取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合

本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合

同一人が複数口座を開いたことが確認された場合(両方の口座を解約することがあります)

https://highlow.com/resources/faq

こちらはHighlow.com公式HP内に記載の「強制解約(アカウントの削除)」されるケースについての文言です。

上記の違反行為をおかした場合は強制的にアカウントが解約され、取引が出来なくなりますので注意しましょう。

とは言え、初めてバイナリーオプションをするという方からすると見慣れない言葉もあると思います。

そこで、それぞれの禁止行為について分かりやすく補足説明を入れていきますのでご覧ください。

①レートの遅延やフロントランニングを狙った取引

取引に使われているレートというのは配信元からそれぞれの為替取引業者にデータが送られています。

このとき、何かしらの原因でレートにズレが生じた際、他社のレートを参考に値動きを先読みして取引をおこなうことは禁止されています。

なお、フロントランニングというのは顧客からの注文を受けたブローカーが、顧客の注文より先に自分の注文を通すことなのですが、これも禁止行為のひとつです。

とはいっても、これは金融業者でなければ出来ないことなので、そこまで気にしなくていいかと思います。

②業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合

Highlow.comではいかなる自動売買ソフトの使用も認めていません。

そのため、Highlow.comのレートをメタトレーダーなどに組み込み自動的に注文を出すことが出来ないようになっています。

③クレジットカードの乱用が認められた場合

クレジットカードの乱用とは、たとえば限度額までクレジットカードで入金をして、それをすぐに引き出して現金化するといった行為ですね。

これはマネーロンダリングを防止するためにも必要なルールですので、絶対にしないようにしましょう。

また、もちろん他者のクレジットカードを不正使用して入金することもNGです。

④取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合

こちらは、日頃は数万円程度の取引を繰り返しているのにも関わらず、突然数百万円や数千万円といった入金をおこなったときに指摘される部分です。

簡単に言えばマネーロンダリングに加担しているのでは?と疑われるような行為となりますが、普通の入出金を繰り返している分には問題ありませんので安心してください。

⑤本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合

こちらは口座開設をするときに提出する本人確認書類を偽造していないかどうか?という点です。

ちなみに以前は公共料金などの明細を提出することによっても住所確認がおこなわれていましたが、今では本人確認書類の提出のみとなっています。

そのため、運転免許証・パスポート・マイナンバーカードの偽造(虚偽の申告)がなければ問題はありません。

⑥同一人が複数口座を開いたことが確認された場合(両方の口座を解約することがあります)

Highlow.comではひとりにつきひとつのアカウントのみ作成できるようになっています。

そのため、複数の口座開設をおこなうことは規約違反となりアカウント削除の対象となります。

もちろん他人の名義で口座開設をおこなうことも不可ですので、覚えておきましょう。

Highlow.comでの注意点・禁止行為まとめ

ご覧いただいたようにHighlow.comには違反すると強制解約となる禁止行為があります。

しかし、普通に口座開設をして取引をする分にはまず引っ掛かることはありません。

とは言え、あらかじめすべての項目をチェックしておかないとトラブルの原因にもなりかねませんので、本文で紹介した注意事項についてはよく確認しておくようにしましょう。